×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自分経営者になろう

事業主や企業、法人が通常考えることは、事業を多角化して収益を安定化することです。
世の中何がおきるか分かりません。
メインの事業が傾いたときに、それをカバーするサブの事業を作りたいと、みんな思っているのです。

資産投資の世界でも同じことが言われています。
一つの商品に全て投資するよりも、幾つかの分野の商品に分散して投資することで、
リスクを減らす事ができます。
そこでサラリーマンのおかれている状況を見ると、かなり危険な事をやっている事がわかります。
一つの会社で働き、全精力を会社に捧げる。
事業を営んでる人から見れば、非常に危険なことをしているように見えます。
「何かあったときは会社が何とかしてくれる」なんて考えている方は、良く考えてみましょう。
あなたが経営者だったらどうしますか?
結局誰もが自分の保身が第一です。
経営者は従業員を「人材」から「コスト」に切り替え、真っ先に切り捨てます。
先立つものが無ければ、組合を結成してでいくら抗議しても無駄です。
そこで当サイトが提唱するのが、「自分経営者」という考え方です。
自分自身を一つの「企業人」に見立て、「自分」という有限の資産を活用して、
最大限の利益を上げるにはどうするかを考えるのです。
今あなたがサラリーマンだとすると、
「サラリーマンとして、企業に勤めて、毎月ある程度決まった額の報酬を受ける」
というビジネスをしていることになります。
「自分経営者」のビジネスを更に強固なものにする方法として、
「出世して更に偉くなる」という方法がありますが、当サイトではお奨めしていません。
なぜなら、偉くなるほど、有事の際にリストラされる可能性が高いからです。
しかも少しくらい出世しても給料が2倍3倍となるわけではなく、せいぜい2〜3割上昇する程度ですし、
費用対効果から考えても、あまり効率的とはいえません。
最も効率的なのは、ビジネスの数を増やすことです。
つまり自分の好きな事に関する「副業=サイドビジネス」を行うことです。
自分がビジネスオーナー=経営者になるのです。 会社で働いていても、自分があげた収益の何割かは会社にピンはねされてしまいますし、
採算の悪い部署の社員の給料に回されてしまいます。
自分がオーナーならば、利益は全て自分の物ですし、うまくいけば収益は青天井です。
収益が本業と逆転する事も十分ありえます。
そうなると、本業と副業の区別が付かなくなってきますが、これが目指す姿です。
「自分経営者」において、サラリーマン事業は、自分のビジネスの一つにしか過ぎなくなります。
サラリーマン事業は単なる副業、もしくは新たなスキルを身につける場所程度の存在でしかなくなるかもしれません。
サラリーマンビジネスを行っている平日の昼間の時間で、
他のビジネスをやったほうが、収益も上がるし、自分も楽しい!と思えば、
サラリーマンを辞めても全くかまいません。
もちろん、会社での仕事にやりがいを感じていれば、
会社での仕事に」集中すれば良いと思います。
私はサラリーマンを否定しているわけではありません。
ただし、会社がどのような状態になっても良い様に、
収入源を別に確保しておく事が必要だと言いたいのです。
そうすれば、安心して「自分のやりたい」仕事に打ち込む事が出来ます。
「自分経営者」という考え方で、自分のビジネスを見つめなおして見る事をオススメします。